9月5日~9月11日 「仮想空間で井波散策」

2022年09月07日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
「仮想空間で井波散策」について
北日本新聞社福野・井波支局長堀佑太記者が紹介します。

南砺市本町3丁目(井波)の写真家、大木賢さん(28歳)が、
インターネット上の仮想空間「メタバース」を活用し、
井波地域を活性化するプロジェクトを始めました。


メタバースはインターネット上に作られた3次元の仮想空間です。
利用者はゴーグル型の仮想現実端末を装着し、アバターと呼ばれる
自分の分身を操作して空間内を移動します。
パソコンやスマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば
誰でも参加できます。


プロジェクトは「バーチャルイナミ」と名付けられ、メタバース上に、八日町通りを
モチーフにした趣のある石畳の通りを再現しました。両脇に井波彫刻の工房や美術館
交流スペースを配置しました。散策や作品鑑賞を楽しんでもらいます。音声や文章に
よるやりとりで利用者同士の交流を深めることが出来ます。

大木さんは「メタバースを活用し、国内外のたくさんの人に井波を知ってもらいたい。
そして井波の子どもたちには地元の良さを見直したり、海外の人とオンラインで交流
したりしてほしい」と話していました。

■放送時間
 TST 8:55 16:55 20:55 24:55
 おやべ 14:30 20:30 24:30


2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年