7月19日~7月25日 「1964年東京五輪の記念たばこ」 

2021年07月17日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
「1964年東京五輪の記念たばこ」について
北日本新聞社小矢部支局長笹谷泰記者が紹介します。

0719笹谷1.jpg

1964年の東京五輪の際、開催に合わせて記念たばこ「ピース」が発売されました。
このケース20箱を小矢部市の浄副寺住職、水高英昭さんが保管しています。

0719笹谷2.jpg

水高さんはもともと切手やメダル、たばこケースなどの収集が趣味で
1954年の富山産業大博覧会を記念して発売されたたばこ「光」のケースや
1972年の札幌冬季五輪の際に発売されたたばこ「チェリー」の箱も保管しています。

0719笹谷3.jpg

日本たばこ産業「たばこと塩の博物館」によると
1964年の東京五輪のたばこ「ピース」の箱は五輪カラーの5色で全競技20種目のイラストが描かれ
1964年10月1日から1箱40円で3千万箱発売されたそうです。
水高さんは「今回の東京五輪はコロナ禍での開催になるが
選手たちが親睦を深める大会になってほしい」と話していました。

■放送時間 
 TST 5:45 8:45 12:45 16:45 20:45 深夜0:45
 小矢部市ケーブルテレビ   14:45 20:45 深夜0:45

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年