6月27日~7月3日 利賀で「森の暮らし塾」開講

2022年06月28日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
南砺市利賀村で「森の暮らし塾」開講について
北日本新聞社福野・井波支局長 堀佑太記者が紹介します。

南砺市利賀地域で林業の担い手を育てる「TOGA森の大学校」が
今年度の開講式を行いました。
TOGA森の大学校は、豊かな森林を守り、環境に配慮した林業の担い手を育てようと
一般社団法人モリビオ森の暮らし研究所が2020年に設立しました。
毎年「森の暮らし塾」と題した講座を開いていて
受講生は月に1回利賀地域を訪れ2泊3日の日程で林業の基礎を学びます。

今年は県内外の20代~60代の8人が参加します。毎月第3土曜日、日曜日に利賀に滞在し
森林資源の調査やチェーンソーの使い方、製材、狩猟を学びます。
開講式は5月21日に利賀森の大学校で行われ、森林インストラクターの長谷川幹夫校長が
「森を見る、森を使う、森で暮らすという3つの力を養ってほしい」とあいさつしました。

開講式のあとに初回の野外実習があり、受講生は利賀地域のロンレー子ども村を訪れ
山菜の見分け方などを学びました。
森の暮らし塾は来年3月まで計10回の講座を行います。

■放送時間
 TST 8:55 16:55 20:55 24:55
 おやべ 14:30 20:30 24:30

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年