4月4日~4月10日 「韓国料理店とお客さんの交流」について

2022年04月03日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
小矢部市内の韓国料理店とお客さんの交流について
北日本新聞社小矢部支局長笹谷泰記者が紹介します。

小矢部市安養寺に韓国料理店「ムルランカフェ イノ」があります。
店主は「イノさん」の愛称で親しまれる崔柄玉(チェピョンオク)さんです。
周囲から純粋を意味する「イノセンス」にちなみ、イノさんと呼ばれています。

イノさんは25年前、韓国に留学していた南砺市出身の妻と知り合い結婚して南砺市に移住。
ANAクラウンプラザホテル金沢の厨房などで働きました。
2020年9月、築40年ほどの古民家を改装し韓国料理店を開店しました。
店名のムルランは「もちろん」の意味で選ばれる店になりたいとの思いを込めました。

新型コロナウイルス禍でも来てくれる利用客に感謝し利用客の写真をインスタントカメラで撮影し
入り口の横に貼っています。
開店から1年半で400枚を超え店内の壁一面を埋めつくすほどになりました。
イノさんは「これだけ多くのお客さんに支えられている。励みになる。
子どもから高齢者まで韓国料理を楽しめる店にしたい」と笑顔で話していました。

■ 放送時間 
  TST 8:55 12:55 16:55 20:55 24:55
  おやべ 14:45 20:45 24:45

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年