12月20日~12月26日 ローカル5Gを使用したスマート林業実証実験について

2021年12月16日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
ローカル5Gを使用したスマート林業実証実験について
北日本新聞社福野・井波支局長堀佑太記者が紹介します。

南砺市や島田木材、となみ衛星通信テレビなど市内の企業が地域を限定した高速通信システムローカル5Gを
担い手不足の深刻な林業に導入する事業を進めていて南砺市利賀地域で
実証実験が行われました。

211220堀さん1.jpg

この実験は総務省の事業採択を受けて実施されました。
実験では、電波が高い木々に遮られるのを防ぐため地上150メートルのバルーンに取り付けた反射板で
電波を跳ね返して上空から送信します。
バルーンを中心に半径500メートルで使用できます。

211220堀さん3.jpg
木材を遠隔操作で運ぶ実験には電波を受信する端末と4Kカメラ3台を備えた車両を使いました。
カメラの映像が約500メートル離れたプレハブ内のパソコンに送信され作業員が映像を見ながら車両を操縦しました。
実験を見学した田中幹夫南砺市長は「南砺市は面積の8割を森林が占めておりローカル5Gを中山間地の課題解決に役立てたい」と話し
島田木材の島田優平社長は「山林に通信インフラを整えることで作業の安全性を高め林業の担い手を確保したい」と期待していました。

 

211220堀さん2.jpg

 

■放送時間
TST 5:45   8:45   12:45   16:45   20:45   深夜0:45
小矢部市ケーブルテレビ 14:45   20:45   深夜0:45

 

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年