12月13日~12月19日 越中いさみ太鼓保存会について

2021年12月08日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
砺波市野村島を拠点に活動する「越中いさみ太鼓保存会」について
北日本新聞社砺波支社編集部 高田莉緒奈記者が紹介します。

211213高田1.jpg

越中いさみ太鼓」は約900年前に行われていた砺波市野村島の桑野神社の神事に起因します。
1952年に地元の住民有志が復活させ1954年には県内初の保存会を結成しました。
来年は太鼓が復活してから70年の節目を迎えます。
現在は大人の部20人 小学生から高校生までの子どもの部24人の計44人で活動しています。

211213高田2.jpg

「越中いさみ太鼓保存会」で高木民雄さん、長男の渉さん、孫の晴音さんが親子3代で腕を磨いています。
3人は11月14日に砺波市文化会館で開かれた「第46回富山の太鼓」に
出演しました。
舞台では新型コロナウィルス禍から日常を取り戻す願いを込めて
勇壮なばちさばきを披露しました。

■放送時間
 TST 5:45   8:45   12:45   16:45   20:45   深夜0:45
 おやべ 14:45   20:45   深夜0:45

 

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年