10月24日~10月30日 空き家を改修してブックカフェに

2022年10月31日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
南砺市平地域の空き家を改修してブックカフェにする取り組みについて
北日本新聞社南砺総局長 開田直人記者が紹介します。

空き家は、南砺市平若者センター春光荘の近くにあり、かつては「すけろく」の
屋号で、文房具店を営んでいました。平地域づくり協議会が活用策を探ってきた
施設です。この家は協議会の会長を務める南田実会長の妻の実家でもあり、
約3年前に空き家となり、その後、最近まで南砺市の地域おこし協力隊員らが入居
していました。協議会ではここを地元の児童や生徒の自習やイベントなどに利用できる
憩いの場「ブックカフェ(仮称)」として改修することにしました。

協議会や設計会社などで決めた改修計画によると、1階内壁を覆うように本棚を設置。
玄関は門型の本棚をくぐって入るようにして、日常空間とは違った雰囲気を醸すよう
工夫しました。「すけろく」の活用を巡っては、昨年11月から地元の中高生、地元住民
が集まって開かれた「TAIRA未来ミーティング」の中でアイディアを出し合ってきました。
さまざまなアイディアが出た中で「ブックカフェ」にする案で話が進んでいきました。

計画を進める中で、書籍販売大手が一時協力を申し出ていましたが、金銭面で協議会と
折り合いがつかず撤退「ブックカフェ」は協議会が自力で運営することになりました。
住民に古本や漫画の寄贈を呼び掛け、南砺平高校生から正式名称を募集することにしています。
協議会の南田実会長は「お年寄りから若い人までが集い、平地域のにぎわいを生み出す
拠点にしていきたい」と話しています。「ブックカフェ(仮称)」は年内の完成を
目指しています。

■放送時間
 TST 8:55 16:55 20:55 24:55
 おやべ 14:30 20:30 24:30

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年