10月17日~23日 「240億投じ砺波に新工場」「ごかや防災ロゲイニング」「米原県議・瘧師県議出馬表明」

2022年10月17日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
「240億投じ砺波に新工場」
「ごかや防災ロゲイニング」
「米原県議・瘧師県議出馬表明」について
北日本新聞社砺波支社編集部編集部長 川渕恭司記者が紹介します。

「240億投じ砺波に新工場」

砺波市の柳瀬工業団地に、半導体メーカーの「KOKUSAI ELECTRIC」が
新工場を建設すると発表しました。投資額は240億円です。
砺波市内での雇用創出や税収増加などに期待が出来そうです。
新工場は柳瀬工業団地の4ヘクタールに地上3階建てです。
砺波市の夏野修市長は「雇用の創出や税収の確保、移住定住の促進など
引き続き、地域経済の発展に積極的に取り組みたい」とコメントしました。

「ごかや防災ロゲイニング」

「ごかや防災ロゲイニング」が砺波市の五鹿屋農村公園を発着点に開かれ、
住民130人が防災意識を高めました。
このイベントは地区民運動会の代替行事として、五鹿屋地区体育振興会が
初めて企画しました。砺波市の総合防災訓練が9月に五鹿屋地区で開かれた
こともあり、防災をテーマに設定しました。
参加者は9キロのコースを2時間で回り、チェックポイントでは「想定浸水深」の
表示看板を探し、写真を撮影しました。参加者は楽しく防災を学んでいました。

「米原県議・瘧師県議出馬表明」

砺波市選挙区(定数2)選出の米原蕃県議(78歳)と瘧師富士夫県議(63歳)が、
それぞれ来年春の県議選に向けて、出馬を表明しました。
米原さんは自民党所属で、現在9期目のベテランです。後援会の総会で「国や県
砺波市、地域の皆さんとスクラムを組んでいきたい」と決意を述べました。
10選すれば、県政史上最多の当選回数となります。
瘧師さんも自民党所属です。現在3期目で副議長を務めています。後援会の総会で
「新しい気持ち、強い決意で4期目に挑戦したい」と支持を求めました。
 砺波市選挙区では2人以外に出馬の動きは見られず無競争となる可能性も出ています。

■ 放送時間
 TST 8:55 16:55 20:55 24:55
 おやべ 14:30 20:30 24:30

2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年