電話リレーサービス料のご請求について

     お知らせ

2021年7月1日より、『聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)』に基づく電話リレーサービスの提供開始に伴い、法令で定められた事業者による負担額について、現行のユニバーサルサービス料金同様に、ケーブルプラス電話、ケーブルひかり電話、ケーブルスマホ等の電話番号を利用するサービスのご利用者に対して、 電話リレーサービス料のご負担をお願いすることとなりました。お客様におかれましてはご理解・ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

電話リレーサービスとは

聴覚や発話に困難のある方(以下「聴覚障害者等」といいます。)と聴覚障害者等以外の者との会話を、通訳オペレータが手話・文字と音声を通訳することにより電話で双方向につなぐサービスです。「聴覚障碍者等による電話の利用の円滑化に関する法律」(令和2年法律第53号)が制定され「電話リレーサービス制度」が創設され、2021年7月1日よりサービスが開始となります。 

(参考 総務省ホームページ)
https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html

 

2021年度の負担額について

ご利用期間 2021年7月〜2022年1月 2022年2月〜3月 2021年度合計
電話リレーサービス料 1円/月 0円/月 7円

※電話リレーサービス料は、年度ごとに料金が見直されます。

※請求書に記載される明細は下記のとおりとなります。

  • ケーブルプラス電話の場合 「電話リレーサービス料」
  • ケーブルひかり電話とケーブルスマホの場合 「ユニバーサルサービス料他」(ユニバーサルサービス料と合算)