コミチャン

9月13日~9月19日 「屋敷林の枝パッカー車で回収実験」ほか 

北日本新聞となみ野レーダー2021年09月09日

今週の北日本新聞となみ野レーダーは
「屋敷林の枝パッカー車で個別回収実験」「となみ子育て防災ハンドブック」
「JAとなみ野 2021年産米初検査」
について
北日本新聞社砺波支社編集部長川渕恭司記者が紹介します。

210913 1.jpg

砺波市は屋敷林を剪定した際に出る枝を
ごみを収集するパッカー車で個別回収する実験を行いました。
実験は散居景観モデル地区の一つ砺波市林の新屋敷自治会の14世帯が参加しました。自宅で出たカシやマツなどの枝を4tパッカー車が回収しました。
実験では回れる世帯数や所要時間 狭い宅道に入れるかなどを確認しました。

枝回収.jpg

砺波市は子育て世代向けに「となみ防災ハンドブック」を作成しました。
母子健康手帳に挟んで持ち歩けるサイズで
乳幼児や未就学児のいる家庭でも気軽に防災を学べます。
ハンドブックには地震が起きた時はベビーカーが盾がわりになることや

レジ袋とタオルで作る簡易オムツの作り方なども紹介されています。
市では9月1日の「防災の日」に合わせて配布を始め
郵送や
妊婦健診に配布していきます。

ハンドブック2.jpg

JAとなみ野は砺波市五郎丸のライスターミナルで
2021年産米の初検査を行いました。
市内の2つの農業法人が収穫した「てんたかく」の30㎏入り
420袋について検査員5人が粒ぞろいや形、水分などを調べました。
この日検査された「てんたかく」は12.6t全量が全て一等となりました。
新米は道の駅砺波などの直売所で販売されています。

てんたかく.jpg

■放送時間
TST 5:45 8:45 12:45 16:45 20:45 深夜0:45
小矢部市ケーブルテレビ   14:45 20:45 深夜0:45

 

番組ブログアーカイブ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
地域貢献事業 社員募集 緊急地震速報サービス 広告募集中