コミチャン

1月21日~27日 南砺に干し柿共同加工施設

北日本新聞となみ野レーダー2019年01月18日

今週は福光城端支局の湯浅晶子支局長が
「南砺に干し柿共同加工施設」が建設される話題についてご紹介します
 
10001775_20190118115650w0014.jpg
10001775_20190118115650w0004.jpg10001775_20190118115650w0007.jpg
 
南砺市福光と城端両地域では古くから農家の冬仕事として干し柿づくりが盛んに行われており
お歳暮や正月の贈答品などとして県内外で高い人気を誇っています。
その一方で近年は生産者の高齢化に伴い後継者不足が顕著になっています。
共同加工施設は干し柿の生産を守ろうと整備され
施設では専門の職員が樹木の管理から加工までを一貫して行い生産の効率化を図るほか
乾燥や保存の工程で先端技術を試験的に取り入れるなどして生産性向上を目指しています。
施設は南砺市高宮の富山干柿出荷組合連合会出荷場近くに整備することを計画し
2020年春の着工、同年秋の稼働を目指します。
 
 
■放送時間

TST 8:45~ 12:45~ 16:45~ 20:45~
小矢部市ケーブルテレビ 14:45~ 20:45~ 深夜0:45~

(※特別番組により休止の場合がございます)

番組ブログアーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
地域貢献事業 社員募集 緊急地震速報サービス 広告募集中