コミチャン

12月10日~16日 芳里家住宅 国登録有形文化財へ

北日本新聞となみ野レーダー2018年12月10日

今週は砺波市支社編集部の新森 英二部長が
「芳里家(ほりけ)住宅 国登録有形文化財へ」という話題についてご紹介します
 
10001762_20181207111325w0018.jpg
10001762_20181207111325w0005.jpg10001762_20181207111325w0008.jpg
 
国の文化審議会が11月16日、砺波市堀内の「芳里家住宅」の主屋、土蔵、長屋門の3件を
国の登録有形文化財(建造物)にするよう柴山昌彦文部科学相に答申しました。
答申通りに告示され、県内の登録有形文化財(建造物)件数は64ヵ所132件となる見通しで
砺波市内では「小牧ダム」「庄川合口堰堤」に続いて3例目となります。
砺波平野では生活様式の変化で屋敷林を構えたアズマダチなどの民家が減少しており
空き家も増えているのが現状です。
「芳里家住宅」の登録により保存や活用の機運が高まることに期待が寄せられています。
 
■放送時間

TST 8:45~ 12:45~ 16:45~ 20:45~
小矢部市ケーブルテレビ 14:45~ 20:45~ 深夜0:45~

(※特別番組により休止の場合がございます)

番組ブログアーカイブ

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
地域貢献事業 社員募集 緊急地震速報サービス 広告募集中